鹿児島県は、九州の南端にあり、県庁所在地である鹿児島市で、南西部にはいくつもの小さな島々があります。鹿児島県のシンボルといえば、活火山の「桜島」です。大自然の偉大なパワーを感じるスポットが多くあります。世界遺産の「屋久島」も鹿児島県を代表する自然の宝庫で、多くの観光客が訪れています。
そして、2018年大河ドラマ「西郷どん」で描かれる「西郷隆盛」、鹿児島県が舞台であり、鹿児島県を代表する偉人、明治維新を成し遂げた人物です。
鹿児島県は、温暖な気候と、山・海・川の自然豊かな環境、良質な温泉と、豊かな暮らしが出来る環境です。子育て世代、シニア世代からも、鹿児島県は注目され、移住地として支持されています。

鹿児島県の医療機関の数は、248施設、一般診療所1,150施設となっています。人口10万人あたり施設数でみると、全国平均を上回る水準です。鹿児島市に大規模病院があり、鹿屋市、霧島市、薩摩川内市に医療機関が多くあります。医療機関が多くあるため、求人数も多くなっています。豊富な選択肢の中から、希望にあった職場を見つけやすくなっています。
鹿児島県の看護の収入面は、平均月収約30万円(参考値)、平均年齢41.6歳、平均勤続年数9.8年となっています。女性だけみると、平均月収28万6千円、平均年齢42.9歳、平均勤続年数9.4年となっています。全国平均と比べて、平均月収は下がりますが、物価が安いため生活費を抑えられます。女性の平均年齢が高く、ベテランまで長く務めることが出来る職場環境があることがわかります。
鹿児島県は、看護師不足を解消する取り組みを行っています。鹿児島県ナースセンターでは、結婚、出産、育児等により職場を離れたナースの復職支援を行っています。ブランクがあり復職への不安を抱えたナースの為に、「再就職支援セミナー」を開催しています。
医療機関でも独自に、潜在看護師を対象に研修会を行ったり、離職防止として院内保育所を整備したりと、働く環境を積極的に改善しています。

このように、鹿児島県では医療機関が豊富にあり、就職活動がしやすくなっています。自然豊かな環境で、綺麗な空気の鹿児島県でお仕事探しを始めてみませんか。

鹿児島県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!