静岡市、浜松市、富士市、沼津市といった人口10万人超えの都市が多いのが、静岡県。
そのため、医療施設もひとところに固まっていません。自宅近くの病院に勤めたいという方には、適していることもあり、働きやすい状況があります。

静岡県は、本州中部の太平洋沿岸に位置する県で、世界遺産の富士山で有名な県です。静岡県は、観光地として人気が高く、都心からの交通の便が良い、伊豆や熱海などの温泉地は旅行先の定番です。
そのほかにも、富士サファリパーク、国内最大級の店舗面積を誇る本格アウトレットモール御殿場プレミアム・アウトレットなどなど、たくさんのファミリーにも人気のレジャー施設があります。
静岡県の県庁所在地は、静岡市です。静岡市は、「子育てしやすい街1位」選ばれる、子育て世代に優しい市です。
静岡市が、選ばれる理由は、市内の市立保育園・幼稚園をすべて認定こども園に移行し、保育園に入れない子を「待機児童園」で預けられるという、施設設備が整っている点です。そして、学童保育も小学校6年生まで預けられ、他にも、医療費助成や不妊治療費助成も充実していることも、選ばれる理由です。

一年を通して、温暖な気候であるのもあり、特に、子育て世代に住みやすい条件が揃っています。
共働きしやすい、住みやすい県で、お仕事探しを始めてみませんか。

静岡県の医療機関の数は、181施設、一般診療所2,250施設となっています。人口10万人あたり施設数からみると全国平均より少ない水準ではありますが、中部地方では、大規模病院の数はトップ水準です。
病院・診療所は、中規模、大規模病院が多く、静岡市、浜松市の2市に集中しています。

静岡県の看護師の収入面は、平均月収約33万円(参考値)、平均年齢40.4歳、勤続年数5.2年となっています。全国平均でみると、月収はほぼ同水準です。
高所得を目指すなら、規模の大きな病院がおススメです。大規模病院は、福利厚生が充実していることが多いので、安定して長く働けて、キャリアアップが望めます。その点では、静岡県は中規模から大規模病院が多いため、キャリアアップの環境は整っているといえるでしょう。

静岡県では、看護師不足解消ため看護師確保の取り組みを積極的に行っています。
主な医師・看護職員確保対策

・将来県内の公的医療機関等への就業を促すための奨学金
・育児等で離職した女性医師、看護職員や定年退職した医師などを対象に、再就業に必要な知識・技能を再取得するための実務研修の実施
・女性医師や看護職員等の出産・育児等を支援するための病院内保育所に対する補助
・産科・小児科医の事務負担の軽減による離職防止のために医療クラーク(事務補助員)を雇用した病院に対する補助
・海外の指導医師の招へいや勤務医を国内外に研修派遣した病院に対する補助

静岡県では、看護師不足解消に向けて県を挙げて取り組んでいますので、今後働きやすい環境がさらに整備されることが期待できます。看護師へのニーズもさらに高まり、復職や転職しやすい県といえるでしょう。

静岡県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!