長崎県は、九州地方の北西に位置し、周囲を海に囲まれ、対馬、壱岐、五島列島などの島嶼からなります。
被爆を経験した長崎県のシンボル「平和祈念像」、そこへ訪れた人達は、平和の尊さ、平和への祈りを強く、強く感じることでしょう。長崎県を語る上で、外すことはできない場所です。
長崎県は、異国情緒に溢れ、人気の観光スポットが多くあります。国指定重要文化財の「グラバー園」、「大浦天主堂」、オランダをモチーフにした「ハウステンボス」などなど見どころ満載です。
長崎県は、名物グルメも多く、「カステラ」「ちゃんぽん」「皿うどん」と美味しい食べ物も楽しめます。
長崎は、全体的に温暖で寒暖差も少なく、暮らしやすい環境でもあります。女性の就業率も高く、保育園の延長保育実施施設数も多く、女性が活躍出来る環境整備もされている県です。

長崎県の医療機関の数は、46施設、一般診療所476施設となっています。人口10万人あたり施設数でみると、全国平均を上回っています。長崎県民に対して、医療が充実していると言えるでしょう。長崎市を中心に医療機関が多くあり、三次救急の医療体制を整えています。離島については、三次救急設備はないものの、県が力を入れる地域密着の医療機関があります。医療機関は、大規模病院から小規模、地域に根付くアットホームなクリニックまで豊富にあり、希望にあった職場と出会う確率は高くなっています。

長崎県の看護師の収入面は、平均月収約30万円(参考値)、平均年齢39.8歳、平均勤続年数10.4年となっています。女性だけでみると、平均月収約30万円(参考値)、平均年齢42.9歳、平均勤続年数11.5歳、となっています。平均月収は全国平均を下回りますが、長崎県は物価が安く生活に心配ありません。女性の平均年齢、勤続年数が非常に高く、ベテランになるまで長く働き続けられる環境があることがわかります。

長崎県看護協会も、看護師確保の取り組みを行っています。長崎県看護協会、ナースセンターでは、潜在看護師の就業促進や、院内保育施設の支援、ワークライフバランスの多様な勤務体制の整備支援など、力を入れています。

長崎県は、医療機関も豊富にあり、暮らしやすい環境も整っています。女性が長く活躍している長崎県で、ライフスタイルに合った理想の職場を見つけてみませんか。

長崎県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!