茨城県は、人口対比としてみると、数多くの病院があるわけではありませんが、それでも全国平均よりも多く、しかし、看護師数は不足しているという状況です。看護師転職には、もってこいの状況。ぜひこだわりの条件をご相談下さい!

茨城県は、関東地方の北東部にあり、太平洋に面し、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県に隣接しています。県庁所在地は水戸市です。、水戸といえば、誰もが思い浮かべるのは「納豆」ではないでしょうか。茨城県は、納豆生産日本一です。ほかにも、メロン生産日本一!ほしいも全国の9割を生産!極上牛肉の常陸牛、冬の味覚あんこうと、茨城県を代表する美味しいものはたくさんあります。茨城県の観光といえば、国営ひたち海浜公園、アクアワールド・大洗、筑波山、偕楽園と老若男女問わずの人気スポットが多数です。

茨城県の医療機関数は、病院数177、一般診療所1,391となっています。病院・一般診療所がともに全国平均より多く、転職先は豊富にあるでしょう。
医療機関は、水戸市、日立市、土浦市の都市部に集中し、都心部の病院は、規模が大きい施設があります。
茨城県の特徴は、一般診療所は、平成16年から平成26年にかけて5.4%増加しており、クリニックの開業が増えているということです。
地域に密着したクリニックで、日勤のみなど、ライフバランス重視で職場を探すことができます。
クリニックの標榜する科は、内科、次いで小児科が多くなっています。
人気の小児科のクリニックが多いのは、茨城県で転職するメリットの一つとして挙げられます。

茨城県の看護師の平均収入は、510 万円、平均年齢39.1 歳、勤続年数8.4 年となっています。全国平均より高い水準となっており、収入面アップを目指して転職するということに期待がもてます。
平均年齢は全国平均より若干高く、勤続年数は、全国平均より長めとなっています。落ち着いた外来クリニックで、家庭と仕事の両立をしながら長く勤務出来ている方が多いのかもしれません。

茨城県も人口10万人あたりの看護師数でみると、全国平均より少なく、看護師が不足しています。茨城県でも看護師の需要は高く、転職のチャンスは非常に高いものになっています。
茨城県は、看護師不足解消のために積極的に看護職員の養成、就業看護師の定着促進(離職防止)、再就業の促進に取り組んでいます。
茨城県看護協会では、看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組み、看護職のワーク・ライフ・バランス推進カンゴサウルスサポート賞を受賞しています。
県を挙げて、女性の働く環境を整備し、労働環境の質を上げています。

育児で職場を離れなければならなかったママさん、時短勤務など福利厚生が充実した医療機関もたいへん多くなってきています。

“もう一度、地元茨城県でも看護師やってみませんか?”

子育てしながら働くのはできない・・・不安は相談してみてください!!
イメージといい意味で違った環境が今なら待っているかもしれません。

茨城県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!