秋田県は、東北地方の北西部に位置し、首都東京のほぼ真北450kmにあります。
春の桜、夏の花火、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々の豊かな自然に恵まれた土地です。
秋田の民族行事、「なまはげ」でも有名ですね。秋田県は、お米だけではなく、「稲庭うどん」や、「きりたんぽ」や「地鶏」も美味しく、人気の観光地です。

秋田の医療機関数は、69、一般診療所620となり、全国平均からみると少ない水準ではありますが、人口10万人に対する病院数でみるとほぼ平均であり充足しているようです。ただし、へき地医療では、医療機関不足が生じているいため、今後の課題です。
また、県立の総合病院がないため、中規模の病院、地域密着のクリニックでの県内の転職になるでしょう。標榜する科目を多くなるため、自分にあった経験により、転職先を選ぶことができます。

秋田県の看護師の平均収入は、489.2万円(参考値)、平均年齢40.7歳、勤続年数11 年となっています。全国平均収入と比べて高めの水準となっています。平均年齢・勤続年数は、全国平均よりも高く、ベテランまで長く働ける環境が整っているようです。また、秋田県の県民性の真面目で勤勉な性格ということを表しているのかもしれません。
東北地方では、一番平均収入が高い為、収入アップを希望するのであれば、秋田県での転職探しをしてみるのもよいでしょう。

秋田県は、人口減少や少子高齢化が急速に進んでいます。65 歳以上人口割合の推移は、2010 年 29.6%、2025 年 39.5%、2040 年 43.8%に上ると予想されています。
今後、高齢化により、在宅医療の需要が高まるため、在宅医療等の提供体制の更なる充実を図る必要があるとし、医療従事者の確保・養成の取り組みを行っています。
また、秋田県は、死因別死亡率の悪性新生物(がん)、脳血管疾患、自殺率では、全国ワーストワンでした。
県では、特に、がん、脳卒中、急性心筋梗塞等の高度急性期で対応すべき医療機能が必要とされる疾病については、疾病ごとに整備または医療連携体制の構築に努めるとしています。
病院内保育所を運営する病院への支援など、子育て期の就業環境の改善なども、掲げられ、女性が働きやすい環境への推進も行われています。

このように、秋田県では、県を挙げて看護師の働く環境や人材の確保を整備していることから、秋田県で転職しやすく、条件にあった長く務めることが出来る職場に出会える確率も高いといえるでしょう。

秋田県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!