病院数も数多い神奈川県ですが、配偶者が東京で勤めていて、ご自身はご自宅近くの病院に勤められる、というケースも多々ご相談いただきます。平均年収も高く、ご家族がいらっしゃるナースには、最適の都道府県とも言えるかもしれません。

神奈川県は、関東の南に位置し相模湾と東京湾に臨み、温暖な気候に恵まれ、みなとみらい・ランドマークタワー・古都鎌倉・江の島・良質な温泉箱根・湯川と魅力的な有名観光スポットが多数です!

医療施設は、病院数341と、首都圏ということで大規模病院も数多くありますが、一般診療所6648全国3位という多さです。大規模病院で最先端の医療に携わりたい、クリニックで特定の分野の経験を活かした働き方をしたいなど、転職先も豊富にあります。

神奈川県内にはJR東海道線や京浜東北線、さらに東急や京急など多数の路線が通っていて交通の利便性が良く、駅チカで通勤できる医療施設が多くあるのもメリットのひとつとして挙げられます。

看護師のお給料面も、神奈川県の看護師の平均年収は516.9 万円(参考値) 平均年齢38.1 歳 勤続年数5.9 年 全国47都道府県中3位の高い水準になっています。
派遣社員・アドバイト・パートとして働く看護師の平均時給は1,800円(参考値)となっています。これも全国47都道府中5位の待遇の良さです。
収入の面の安定は、働く大きなメリットです。

また、神奈川県には、お給料面のみならず福利厚生が充実している施設も多くあるので、転職の選択肢を更に広げて検討することができます。

神奈川県は人口が急増した都市で、東京に次ぐ第2位です。
しかしながら、神奈川県の人口10万人あたりの看護師数は、神奈川県は736.8人で、全国最下位です。
人口が急増に対して、看護師の養成がついていけなかったのが看護師不足の理由です。
また、神奈川県の病院に勤務する看護職員の離職率が14%と高い状況にあります。
看護師不足を解消していくために、神奈川県では、「マグネットかながわ看護」という方針を打ち出し、「ナースになるんだったら神奈川がいいよね」といってもらえる県を目指し、
神奈川県内の看護学校に受験生が集まってくる状況作りや、潜在看護師の問題にも取り組み、看護師不足の克服に繋げていく取組みを行っています。
また、子どもを育てながら職場復帰を目指す看護師のために、院内保育所の整備も進めていく予定ということで、これから神奈川県で子育てしながら働くママさんナースが増えることでしょう。
そして、育児や介護でブランクのある看護師さんにとって、医療現場にスムーズに戻れる県となっていくのではないしょうか。
今後も神奈川県の自治体の取り組みに期待が持てます。

神奈川県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!