石川県は、北陸地方の中部に位置し、富山県、岐阜県、福井県に隣接しています。県庁所在地の金沢市は、日本三名園の一つに数えられる、廻遊式の庭園「兼六園」で有名です。
平成27年3月14日に、北陸新幹線が開通し、都心からも交通の便も良くなり、観光客も多くなっています。
石川県は、大きく分けて「能登」 「金沢 」「白山 」「加賀」の4つのエリアに分けられます。それぞれに、魅力ある観光スポットが多くあります。金沢城や、ひがし茶屋街、21世紀美術館は、定番の観光地です。また、能登の輪島は、NHK連続ドラマの舞台ともなり、人気を高めています。
石川県も、幸福度ランキングで上位の県です。保育所の待機児童数はゼロで、女性の就業率は全国トップクラスと、暮らしやすい、働きやすい環境が整っています。

石川県の医療機関数は、94施設、一般診療所716となっています。人口10万人あたり施設数でみると、病院数は、全国水準を上回っています。クリニック数は、全国水準より少ない数です。石川県の看護師求人は金沢市に集中しています。金沢医科大学病院や金沢大学医学部付属病院などの、大規模有床病院も金沢市にあり、スキルアップしバリバリ働きたい看護師さんに人気です。
夜勤もこなし、研修にも参加してキャリアアップを目指したい派と、アットホームなクリニックで、ライフワークバランス重視で働きたい派と、自分の希望条件にあった働き方を選択出来る環境があります。

石川県の看護師の収入面は、平均月収約33万円、平均年齢38.8歳、勤続年数9.1年となっています。女性だけでみると、平均月収33万6千円、平均年齢39.9歳、勤続年数10.3年となっており、勤続年数が長いことから働きやすい環境があること数字からもわかります。
女性はライフイベントに左右されやすいですが、結婚して、子供が出来ても、子供を預けやすい環境と、長く働ける環境があるのは、とても魅力的な県といえます。

石川県では、「石川ナースナビ」という石川県運営する看護職の支援を行っているサイトが開設されています。
看護職員のライフステージに対応して働き続けるための「勤務環境改善を促進」や未就業看護師の方の再就業への「再就業の促進」などなど、積極的な取り組みを行っています。
このような取り組みの成果が、石川県の女性の就業率を上げているのでしょう。

終の棲家として、働きやすい環境整備が整った長く安心して働ける職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

石川県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!