沖縄県は、日本の最南端に位置する県です。県庁所在地は、沖縄本島南部の中核市「那覇市」です。
沖縄県の日本のリゾートと呼ばれ、年間を通して観光客が多い県です。たくさんの観光スポットがあり、海でリゾートを満喫、県内最大の木造建築物「首里城跡」、世界最大級の水槽がある「沖縄美ら海水族館」などなど、魅力溢れる沖縄県です。
リゾート気分を味わえる異国情緒溢れた、沖縄県でお仕事探ししてみませんか。

沖縄県の医療機関の数は、病院数622施設、一般診療所785施設となっています。人口10万人あたり施設数でみると全国平均を下回る水準です。
那覇市を中心として、沖縄市、浦添市、うるま市で医療機関が多くあります。
医療機関は全国平均より少なくはなりますが、看護師不足の為求人は多くあり、選択肢はあります。

沖縄県の看護師の収入面は、平均月収31万円(参考値)、平均年齢37.4歳、平均勤続年数7.1年となっています。平均月収は、全国平均より下回りますが、沖縄県は物価が安く、生活費を抑えられるメリットがある為、生活に心配はないでしょう。また、男性看護師の平均勤続年数が8.1年となっており、男性看護師も長く活躍していることがわかります。
沖縄県では、慢性的な看護師不足が問題となっています。沖縄県看護協会ナースセンターでは、潜在看護師への復職支援に取り組んでいます。再就職準備のための看護力再開発講習会の実施など開催されています。

移住地としても安定した人気を誇る沖縄県に住んでみて、また、沖縄県の暮らしやすさを実感し、沖縄県の看護師不足改善に看護師として活躍してみませんか。特に、離島では医師・看護師不足となっています。
「沖縄応援ナース」として登録し、沖縄本島の病院に『期限付職員』として求人応募し、赴任するという制度もあります。

多様な働き方が出来る沖縄県、今後も看護師のニーズが高まっていくことが期待され、お仕事探しがしやすくなるでしょう。

沖縄県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!