日本の中心地である東京ですが、そのイメージどおり、病院数・一般診療所数も日本で一番多く存在します。
数が多いということは、人材採用の競争が多いとも言え、1年を通して看護師の募集が絶えないのも、大きなポイント。
まさに転職しようと思った時期が、最適の転職時期とも言えます。

東京は、英情報誌「MONOCLE」で毎年発表される世界の住みやすい都市ランキングで3年連続1位を獲得!!東京は、・ビジネス・住宅、レジャー、犯罪率、文化などの複合的にみて世界の中で最も住みやすい場所なのです。
日本の首都である東京都の医療施設は、病院数648・一般診療所数12944 ともに全国で最も数が多く、国内トップクラスの病院、最先端の技術・豊富な情報を得ることが出来るので、東京都で看護師として働くのはスキルアップへの近道といえるでしょう。
人気の美容系から、特定の領域を専門に扱うクリニックなど選択肢も豊富にあるので、自分の希望条件に合った職場を見つけやすいのも、東京都の特徴です。
また、採用人数に枠を設けている病院が少なく、随時募集を行っている病院が多くある為、いつでも求人に応募できるメリットがあります。

東京の病院でボーナスを含めた看護師の平均年収は534.7万円(参考値)、平均年齢 36.4 歳、勤続年数 7.1 年、全国47都道府県中1位の高い水準になっています。

勤務先の選択肢が多く、どこを選ぶのかによって給与や勤務内容にも違いはありますが、キャリアアップを明確に描け、給料アップ目指しと、やりがいにも繋がるはずです。

さらに、東京都では、東京都看護協会が「東京ナースプラザ」という団体を運営しています。看護師への復職を希望する方に対する相談会、最新の看護事情や医療に関するセミナーの開催など、長く医療現場を離れていた方でも安心して就業出来るように、看護師の再教育支援事業、および、再就職支援事業を実施し、ブランクのある看護師さんへの復職サポートを行っています。

また、働くママさんナースの為の託児所付きの病院が多いというのも、東京都の病院の特徴です。
子供を出産して、育児をしながら、看護師として働けるのだろうか・・・?子供が居て夜勤はどうするの・・・?子供が熱を出したらどうすればいいの・・・? 様々な不安が沸いてきます。
東京都には、子育てしやすいバックアップ体制のある病院が多いというのも特徴です。病院によって様々な取り組みが行われています。

保育料の一部補助体制、日勤のみなど子育て中の勤務調整、0歳から院内保育、24時間保育・休日保育・夜間保育に対応する託児所・病児保育室完備、学童など、ワークライフバランス重視の子育てしながらでも働きやすい環境整備を行っている職場が増えています。

女性は結婚・出産・育児・介護など、多くのライフイベントに直面することがあります。
給与の面だけではなく、女性のライフプラン・ライフイベントを見据えて、東京都で転職先を探すメリットは大いにあると言えるのではないでしょうか

東京都でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!