岩手県は、東北地方の沿岸部に位置し、県では、日本で一番大きく、四国ほどの広さです。岩手県といえば、岩手県出身の詩人・童話作家『宮沢賢治』、『銀河鉄道の夜』を始め多くの作品を残しています。宮沢賢治が愛した岩手県には、歴史・文化・豊かな自然のある素晴らしい県です。グルメでは、前沢牛、冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばが有名です。


岩手県の医療機関数は、93施設・一般診療所688施設となっています。
病院の数だけをみると少ないようですが、人口10万人に対しての病院数でみると、全国平均を上回っています。
岩手県の特徴として、全国で最も県立医療機関が多いということです。盛岡市を筆頭に、中規模病院や介護施設の求人も多くなっています。
県立病院は、福利厚生が充実しており、育児休業・育児短時間制度が整備され、ワークライフバランス重視で、特に働くママさんナースには働きやすい環境です。
また、震災の後、医師不足に拍車がかかり、県では大きな課題となっています。
地域によっての医療格差もあり、医療従事者のニーズは非常に高いものとなっています。

岩手県の看護師の平均収入は、414.7万円(参考値)、平均年齢40.9 歳 、勤続年数9.4 年となっています。全国平均と比べると年収は低い水準ですが、エリア・医療機関の規模によっては幅がありますので、希望条件の職場を見つけてみましょう。
平均年齢・勤続年数は、高い水準であり、岩手県の看護師の定着率は非常に高く、ベテランになるまで長く働ける環境が窺えます。

岩手県では、看護師の地元定着を促すため、08年度からいわて看護職員確保定着アクションプランを策定しています。セミナーや、潜在看護師の復職を促す就職イベントを東京で実施するなどの力を入れて取り組んでいます。

今後、復興の中で、潜在看護師の現場へのカムバックが重要なポイントになっています。潜在看護師の10%が職場復帰するだけで、日本の看護師不足はほぼ解消されると言われています。
子育てや介護で医療現場から離れた方、ブランクが気になっていたら、是非、各セミナーに足を運んでみてください。地元の医療を助けてください!!!
岩手県では、カムバックナース大歓迎の県です。もう一度、ワークライフバランス重視で働ける職場も多くなってきています。
もう一度、検討してみてはいかがでしょうか。

岩手県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!