岡山県は、本州の南部にあり、桃太郎伝承で有名な県です。南を瀬戸内海に面し、晴れの日が多く、温暖な気候に恵まれた過ごしやすい環境です。
「日本三大庭園」の「岡山後楽園」や「岡山城」など歴史・、「倉敷美観地区」の美しい景観、「きび団子」を頂きながらゆっくり散策する女子旅にピッタリな場所です。古民家を改装した雰囲気のあるカフェやオシャレな雑貨店も立ち並び、近年Iターン先として注目されています。
移住したい県のランキングでも、年々ランクを上げてきています。温暖な気候と災害の少なさ、食べ物も海のもの、山のものにも恵まれており、子供の医療費も自治体の大半で「15歳まで医療費がかからない」という、子育てするのにも良いというのが魅力となっているのでしょう。

岡山県の医療機関の数は、病院数163施設、一般診療所1,355施設となっています。人口10万人あたり施設数でみると、全国平均を上回っています。
岡山市と倉敷市に医療施設が集中しています。クリニック数も多いの、ライフスタイルに合った、働き方を選択することが出来るでしょう。

岡山県の看護師の収入面は、平均月収約34万円(参考値)、6.2歳、勤続年数7.7年となっています。女性だけでみると、平均月収約32万8千円(参考値)、平均年齢39.3歳、勤続年数7.8年となっています。全国平均月収より女性は低めではありますが、賞与が高めという傾向があります。
平均年齢は高めなので、女性がベテランになるまで活躍していることがわかります。

岡山県でも、護師不足・離職防止対策を積極的に行っています。働く子育て世代の離職防止策として、院内保育の支援、小学校に入学した後も学童クラブ設置、時間勤務制も取り入れるなど、ママさんナースの支援を行っています。
また、潜在看護師の掘り起こしも力をいれており、復職支援研修会を開催しています。復職をしようかと迷っている方は、お近くの医療機関で開催されている日程をチェックしてみてください。短時勤務や、非常勤など選び、復帰することなど、働き方を選び負担軽減しながら復帰を進めてみるのもいいですね。看護師不足で、看護師のニーズが高まっているので、今が復職のチャンスです。

今後、少子高齢化でますます看護師へのニーズは高まるでしょう。地域医療格差の緩和のため、訪問看護の医療求人も増えることも予想されます。
在宅看護では、多くのママさんナースが家庭の仕事の両立をしながら働いています。ライフワークバランス重視で働きたい方、今後の岡山県の求人動向に注目です。

岡山県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!