山梨県は、東京の南西に位置し、「富士山」のお膝元であり南アルプスの山々に囲まれた自然豊かな県です。
たくさんの温泉に恵まれ、綺麗な水と瑞々しいぶどうや桃などの美味しい果物にも恵まれた人気の観光地です。
また、山梨県は「移住希望地域ランキング」でトップを獲得したことがあります。その理由は、交通アクセスの良さ、日照時間ナンバー1の恩恵で果物が美味しい、なにより自然豊かで伸び伸び暮らせるというものです。子育てファミリーから中高年の方々の終の棲家として移住先に選ぶという方々も増えております。

山梨県の医療機関の数は、病院60施設、一般診療所555施設となっています。
人口10万人あたり施設数でみると、病院数は全国平均を上回り、クリニックも全国平均とほぼ変わらない水準です。中でも、中規模の病院が多く、甲府市に医療機関が集中しています。
600床以上の大規模病院もあり、アットホームクリニックから専門性の高い大規模病院まで、幅広く求人があります。

山梨県の看護師の収入面は、平均月収約33万円(参考値)、平均年齢42.7歳、勤続年数7.7年となっています。女性だけでみると平均月収34万円(参考値)、平均年齢39.4歳、勤続年数8.3年となっています。山梨の平均は、全国平均とほぼ同等です。山梨県の特徴は、男性看護師の多さです。看護師全体の1割が男性となり、女性だけより男性が居た方が助かる場面も多くあり、女性が長く働ける環境に男性看護師が一役買っているのかもしれませんね。

山梨県看護協会では、平成23年からWLB推進事業に取り組みを行っています。
(WLB)とは・・・

個人がそれぞれ仕事と生活を調和させ、両立を無理なく実現できる状態のことです。その取り組みに参加している病院は年々増えており、「看護職のワーク・ライフ・バランス推進カンゴサウルス賞」を大月市立中央病院、身延山病院、甲州リハビリテーション病院が受賞しています。
この取り組みがもっと広がり、働きやすい環境が整備されると、一度職を離れた看護師が復職しやすく看護師不足の解消と個々の負担の軽減、多様な働き方も選択できるというメリットがあり、現場にも活気が出ますね。

このように、職場環境の改善に積極的に取り組んでおり働きやすく、自然豊かな環境で住みやすい山梨県で、希望の職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

山梨県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!