宮城県は、東北地方に属し、東は太平洋に面しています。東京からのアクセスも良く、人気の観光スポットも多くあります。
中でも、日本三景のひとつに選ばれている「松島」は、とても美しい景色です。
宮城県の人気のグルメといえば「牛タン」が有名ですね。
また、米どころとしても有名で、ササニシキ、ひとめぼれなど美味しいお米が収穫されます。お米が美味しいということは、お酒も美味しいということで、日本酒の産地として有名です。女性には、宮城県内酒造の一ノ蔵さんのスパークリングの日本酒「すず音」なども人気です。


宮城県の医療機関は、140施設、一般診療所1,393施設となっています。
東北地方で最も多い人口の仙台市に、大きな病院や診療所が集中しています。働く医師・看護師も仙台市に集結しており、仙台市では看護師は充足傾向です。
しかし、他のエリアでは未だ震災の影響もあり、人口10万人に対する看護師数は不足傾向であり、エリアにより看護師のニーズは高いものになっています。
仙台市の求人は倍率が高いため、他のエリアも広く検討されることをお勧めします。

宮城県の看護師の平均収入は、451.6万円、平均年齢40.5歳、勤続年数6.9年となっています。収入面は、全国平均と比べて低い水準ではありますが、仙台市内の規模の大きな病院では県の平均水準以上も期待できます。
平均年齢、勤続年数は全国平均よりやや高く、職場環境が良く長く働く方が多くなっています。

宮城県も、看護師不足は少子高齢化問題もあり、深刻なものになっています。
県も、看護師不足への対策を積極的に行っています。宮城県看護協会が宮城県受託事業として潜在看護職員復職研修を実施し、潜在看護師の復職を支援しています。

宮城県は震災の影響は受けましたが、復興へと向かい、各求人も増えてきている状況です。
震災により職場を離れた方も、家庭と両立しながら働ける日勤のみのクリニックの求人も増加傾向です。
看護師へのニーズが高まっている地元宮城県での、復職・キャリアアップを目指し、自分の条件に合う職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

宮城県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!