従来日本第二の都市として知られる大阪ですが、昨今の注目度の上昇に伴い、看護師採用状況も上向いているといえます。
人口10万人あたりの看護師数が全国平均を下回っている状況ですので、大阪勤務が可能な看護師様は、ぜひ転職を検討してみて下さい。

大阪府は、日本第2の都市として知られ、その人口は883万人。そして、大阪府には、魅力的な有名観光スポットが多数です。家族で楽しめるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)!地上から300m!日本一高いビル「あべのハルカス」!食い倒れの「道頓堀」!大阪のシンボル・大阪城!などなど、世界各国からの観光客も多く訪れるエリアです。
大都市でありながら、そこに住む人たちの人情味溢れるところや、独特のイントネーションも魅力のひとつです。

大阪府の病院数は535・一般診療所は8274と病院数のランキングは都道府県第2位と、全国の東京に次ぐ数の多さです。
大規模病院は、全国平均を大きく上回り、中規模・小規模病院も全国平均以上の充実した医療機関の数です。阪市立総合医療センター、大阪赤十字病院のように900床を超える大規模病院もあります。大規模病院でスキルを積みたい、地域密着のクリニックでライフスタイルに合わせて長く働きたいなど、選択肢も多く希望条件に近い職場を見つけやすくなっています。

収入面は、506.2万円(参考値)平均年齢 38.4歳、勤続年数8.0年全国平均と比べて平均収入も高い傾向にあります。
お給料高めの求人には、人が多く集まり倍率も高くなりますが、大阪府は、病院数が多くあるため、選択肢は広まります。これは、大都市ならではのメリットと言えるでしょう。

しかしながら、大阪府も人口10万人対看護師でみると、全国平均を大きく下回っており大都市での看護師不足は否めません。
人口が多いこと、病院数が多いことによる、看護師の総数が追い付いていない状況です。
看護師不足であることは、看護師のニーズが非常に高いという最大のメリットです。

大阪府看護協会では、安心して働き続けられる環境づくりに取り組み、看護職の人材育成及び役割拡大の推進・看護職の労働環境づくりの推進を行っています。
また、大阪府ナースセンターでは、潜在看護職員の確保、資質の向上を促進として再就業支援講習会や看護職員リフレッシュ研修会など各種研修会を開催しています。

ライフワークバランス重視の職場も多くなってきています。託児所付きがいい、福利厚生の充実したところがいい、駅から近い方がいいなど、職場選びも多種多様、大阪府のような大都市は、求人数も多いというメリットですが、選択肢が多すぎてわからないなど転職探しが難しいこともあります。
うまく、職業(看護師)紹介を利用して、希望にあった条件を見つけてみましょう。

大阪府でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!