大分県は、九州東部に位置し、福岡県 熊本県 宮崎県に隣接する県です。県庁所在地は大分市で、別府温泉や由布院温泉の数多くの温泉で知られ、源泉数・湧出量は日本一です。まさに「おんせん県」です。温泉だけではなく、パワースポットとして人気の「宇佐神宮」や、スリル満点絶景の「九重“夢”大吊橋」など人気の観光名称があります。
スローライフを始めたい方から注目の大分県です。海・山・川の豊かな自然に囲まれながらも、JR日豊本線・久大本線・豊肥本線の鉄道、東九州自動車道・大分自動車道の高速道路、フェリーなどの交通も整備され、大型ショッピング施設もあり、都市部の機能と、ゆったりとした自然環境と程よいバランスで暮らしやすいと評価されています。また、各自治体で、子育て世代を応援する助成を行っています。
大分県は、UIJターンを積極的に支援しています。
やさしい田舎暮らしが出来ると人気の大分県で、お仕事探し始めませんか。

大分県の医療機関の数は、病院156施設、一般診療所827施設となっています。
人口10万人あたり施設数でみると、病院、クリニック伴に全国平均を上回る水準です。
中部医療圏()と東部医療圏(別府)に医療機関が集中して多く、看護師も多くなっています。医療機関の多いエリアでは、求人数も安定してあり、・転職しやすい県となっています。

大分県の看護師の収入面は、平均月収約29万円(参考値)、平均年齢39.5歳、平均勤続年数8年となっています。女性だけでみると、平均月収約30万円、平均年齢43.4歳、平均勤続年数9.8年となっています。平均月収は、全国水準より下回りますが、女性の平均年齢、平均勤続年数が長く、女性がベテランになるまで働ける環境があることがわかります。
大分県では、子育てママさんナースにとって働きやすい環境が整っている医療機関が多くなってきています。マイカー通勤や、院内託児所完備、病児保育などお仕事と家事・育児両立しながら働ける体制・設備を利用して働くママさんナースが多く活躍しています。

大分県では、「プラチナナース生き活きプロジェクト」として、定年退職看護職や認定看護師等のスペシャリストを含む近く定年退職を迎える看護職等をプラチナナースと呼び、在宅分野の看護職の確保・定着に再就業支援を行っています。
また、結婚・出産・育児などで長く現場を離れたナースの復職支援も行っています。

今後も、へき地等の看護師不足対策に取り組む大分県。看護師へのニーズも年齢に関係なくさらに高まることでしょう。長く働ける環境整備の整っている点、大分県の魅力と言えます。

大分県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!