ベットタウンのイメージが強い埼玉県ですが、なんと病院数・一般診療所数は、東京に次ぐ第二位。
しかし、深刻な医師不足の県としても知られていて、これからの開業ラッシュが見込まれます。看護師様にとっても新規開業の病院に転職するチャンス! ぜひご相談下さい!

埼玉県の人口は約730万人の全国で5位(「人口推計」総務省統計局より)という、巨大なベッドタウンです。交通の利便性も優れており、京浜東北線、湘南新宿ライン、埼京線など都心へのアクセスもスムーズです。
埼玉県には海はありませんが、国指定名勝及び天然記念物になっている長瀞の岩畳、小江戸川越の時の鐘、桜の名所幸手権現堂桜堤と、自然と文化の魅力溢れるエリアです。
インフラも整備されながら、自然豊かな環境が、埼玉県魅力といえるでしょう。

埼玉県の医療機関数は、病院数344、一般診療所3,681と医療機関の数も、東京都に次ぐ多さとなっています。特に、平成10年から平成20年にかけての診療所数の推移は17.1%増加しており、大きな病院のみならず、一般クリニックへの転職の選択肢も豊富にあることは、求職者のメリットです。診療所の中で一番多い標榜科目は、内科、小児科となり、小児に携わる看護をしたい方には、選択肢が豊富です。

医師数においては、人口10万人対全国平均を大きく下回っており、全国で最下位です。
そのため、開業医へのニーズは高く、医師の受け入れも積極的なため、これから更に開業するクリニックが多くなることも期待できます。

看護師の平均年収は看護師の平均年収は470 万円(参考値)と全国平均より高い水準です。平均年齢39.1 歳、勤続年数7.1 年と全国平均より平均年齢が高く、看護師として働きやすい労働環境となっているようです。

埼玉県の高齢化は、全国的にみても極めて速い速度で進んでいくことが予想されています。
そこで埼玉県では、平成24年度から「健康長寿埼玉プロジェクト」を打ち出しています。
東松山市の「毎日一万歩運動」で年間約2万4千円、加須市の「筋力アップトレーニング」で年間約7万9千円の医療費抑制効果があり、県民が楽しみながら、健康長寿日本一を目指しています。

しかしその一方で、埼玉県では看護師不足、全国と比較して対人口10万人看護師数が最も少ない県となっています。

埼玉県では、看護師不足を解消すべく、「看護師職場復帰支援事業」を立ち上げ、積極的に潜在看護師へのアピールを行い、埼玉県内で職場復帰のしやすさを整え、看護師確保にっ取り組まれています。

そのため、求人数も多く、収入面以外の好条件の職場を見つけることも可能で、独自の福利厚生も充実している医療機関も多く、子育て中のママさんナースさんにもやさしい環境作りが整いつつあります。
収入面、利便性、求人数の多さ、働きやすい環境整備と、埼玉県での看護師として働くにはメリットも多く、是非埼玉県の医療機関を多く調べてはいかがでしょうか。

埼玉県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!