千葉大学医学部附属病院など、大病院も多くある千葉県ですが、人口10万人に対する看護師数は、全国46位。なんとワースト2です。
将来に渡っての人口増加も想定されているため、看護師転職は、さらに活況を帯びてくることでしょう。

千葉県は、東京都の東方に位置し、東西線・総武線・京葉線と都心へ交通のアクセスも良くベッドタウンとして発展してきました。
全国的に有名な「東京ディズニーリゾート」「東京ディズニーシー」「ドイツ村」「鴨川シーワールド」「マザー牧場」と、千葉県には魅力ある観光スポットも多数あります。

千葉県の医療施設は、病院数285・一般診療所3,751です。大規模病院が多いのも千葉県の医療機関の特徴です。中でも総合病院 国保旭中央病院(989床)は、千葉県内最大の病床数です。中規模から大規模病院が多いため、福利厚生も充実しており看護師にとって働きやすい環境が整っている職場が多くなっています。一般診療所も全国平均より多くあり、様々な種類の求人が多く、千葉県は転職先が豊富にあると言えるでしょう。

お給料面においては、千葉県は478.2 万円(参考値)平均年齢39 歳、勤続年数6.9 年
47都道府県中全国 21位です。千葉県で高収入を希望するのであれば、東京都に隣接した地域や、規模の比較的大きい病院が平均給与より高い水準となっています。
同じ千葉県内でも、エリアごとに特徴があります。こだわりの条件とエリアを絞り、理想の職場を見つけてみましょう。

千葉県は、人口あたりの看護師が全国の中でも相対的に低く、看護師不足となっています。千葉県は、これまで高齢の比率が低く若い県でありましたが、平成37年には高齢化率が30%になると見込まれ、今後は急速な高齢化に向かっていくことが予想されます。
75歳以上の後期高齢者は、平成22年の約56万人から、平成37年には約108万人と、50万人以上増加すると見込まれています。
離職率についても高めの傾向があるため、千葉県では、平成27年5月に「千葉県医療勤務環境改善支援センター」を開設し、医療従事者の離職防止や医療安全の確保を図るため、
■院内保育運営への支援
■ナースセンター事業を強化
■再就業を希望する看護職員への、継続的な情報提供
■職場復帰を容易にするための、再講習会
■メンタルサポートや看護職員の就労環境改善を推進
と様々な取り組みを行っています。
看護師不足に向けた県の取り組みの後押しで、千葉県では、看護師へのニーズは非常に高いものになっています。
また、団塊の世代が75歳以上となる時期を迎える中、要介護の発生率も高くなることが想定されますので、今後医療機関と同様に、介護施設での看護師のニーズも高まることが見込まれます。

今後の看護師の働きやすさの改善・看護師への求人数が増えることが期待される千葉県の動向に注目です。

千葉県でお仕事をお探しの方はこちら

または、転職コンサルタントに無料で相談!お気軽にご連絡ください!